Q: ダイヤモンドの4Cとは、なんですか。
4Cとは、カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(clarity)、カット(Cut)の4つの頭文字をとって、4Cと呼ばれています。グレーティングレポート(鑑定書)に記載され、ダイヤモンドの状態を表すものです。

*カラット重量(ct)は、宝石の重さを表す単位で、1カラット(1ct)は0.2gです。
*カラーは、ダイヤモンドの色を表します。無色透明をDカラーとし、以下E、F、G、H・・・と評価されています(だんだん黄色味を帯びてきます)。
*クラリティは、透明度、キズ・不純物の状態を意味します。専門家が、10倍に拡大したルーペで検査し、インクルージョン(内包物)の有無、位置、大きさなどを判断して評価しています。クラリティの評価は、フローレス(FL)を最高に、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1-I3まで11段階に分類されます。
*カットは、ダイヤモンドのプロポーションとフィニッシュ(研磨の仕上げ)を基に総合的に評価されています。カットの評価は、EXCELLENT(エクセレント)、VERY GOOD(ベリーグッド),GOOD(グッド),FAIR(フェアー),POOR(プアー)の5段階に評価されます。
BCERでは、0.3カラット、Gカラー、VS2、エクセレントカット以上を婚約指輪にふさわしいダイヤモンドの条件として、ご紹介しております。
詳しくは、こちらでご説明しております。→ダイヤモンドの何を重視したら良いでしょうか?

婚約指輪・結婚指輪のお役立ち情報ブログ >>ゼクシイも教えてくれないひみつ

婚約指輪15万円へ   婚約指輪24万円へ  婚約指輪33万円へ

BEST CHOICE婚約指輪TOPへ

< Back
Next >


婚約指輪 ベストチョイス婚約指輪で最善の選択を