Q: 婚約指輪(エンゲージリング)を購入して無駄になりませんか。
 婚約指輪(エンゲージリング)を無駄とお考えの方は、それが贈られた後に、あまり使われないのではないかと危惧されるからでしょう。(もちろん、例え1回も使われない婚約指輪でも、大切な思い出の品として無駄とは思わない方も多数いらっしゃいます。それは考え方の違いです。)では、なぜ使う機会があまりないかと言うと、奥様の方が“高価なものだから失くしたら大変”としまい込んでしまうケースが少なくないようです。ご主人が着用を積極的にオススメするだけで、活躍の場はぐっと広がることでしょう。また、普段からジュエリーを着け慣れている女性には、複数のダイヤモンドをあしらったデザインのエンゲージリング(例えば弊社のDigt)を贈れば、さらに日常的に使われるリングになると思います。それでもリングはあまり着けないという方には、婚約指輪のダイヤモンドを生かして、ネックレスにリフォームしてしまうという奥の手もあります。無駄になるかどうかは、案外、こころがけ一つかもしれません。

婚約指輪・結婚指輪のお役立ち情報ブログ >>ゼクシイも教えてくれないひみつ
< Back
Next >


婚約指輪 ベストチョイス婚約指輪で最善の選択を