最新情報
あなたの疑問も銀座コンシェルジェですぐに解決
弊社代表の投稿が朝日新聞に掲載されました--- 【2011.07.01】

離婚しても指輪壊さないで   
結婚指輪プロデューサー 渡部博行 (川崎市麻生区 49)

本紙18日の「耕論」で、ハンマーで結婚指輪をたたき割る離婚式が紹介されていました。
しかし、指輪には結婚したお二人だけでなく、職人さんや多くの人たちの思いが
込められています。離婚式自体の是非はともかく、志を持って結婚指輪の提供を
職業としている者としては、とてもつらく悲しいことです。

 結婚指輪は結婚に関わるものの中でも、ずっと後まで残ります。
名前などが刻まれている場合もあり、今回の大震災でも、身元確認などで重要な役割を
果たしたそうです。それを聞いて、いいかげんなものを送り出すようなことは
絶対にできないと、思いを新たにしたところです。

 実際には、上質の結婚指輪はハンマーでたたいても変形するだけで、割るのは難しいです。
一方、貴金属としても価値はあるものなので、もし不要になった場合には、
そのままボランティア団体などに寄付されれば、よりスマートで幸福な再スタートが切れる
ことと思います。

2011年6月27日月曜日 朝日新聞東日本版 オピニオン 声欄

 

< Back


婚約指輪 ベストチョイス婚約指輪で最善の選択を