あなたの最善の選択をサポートします

私たちは鑑定書を売っているのではない、あなたに代わって美しいダイヤモンドを探しているのだ

愛する人に婚約指輪を贈る、何という甘美な響きでしょうか。 私たちは20年以上にわたり、日本のブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)市場に新しい風を吹き込んできました。その間、ライフスタイルの変化に伴い、婚約指輪も大きく変化しましたが、愛する彼女に対する男性の真摯な想いは変わることがありません。私たちは、そんな男性たちを応援し続けてきたのです。

日本の婚約指輪は約40年前から、結納に収める品として普及し、その際“給料の3か月分”というあまりに有名な広告コピーが付いて回ったので、以前の男性たちはずいぶん無理してがんばっていました。その後、1993年に結婚情報誌ゼクシィが創刊され、ブライダルリング専門店が数多く誕生、消費者の情報量と選択肢が飛躍的に増えたのは良かったのですが、情報の内容が店舗側の一方的なものであること(ゼクシィの内容はほとんど広告です)、一部店舗の販売方法の問題点が指摘されていること等、功罪相半ばというのが実情ではないでしょうか。

2005年頃からインターネットの進化により、婚約指輪もネット販売という新たなステージを迎えます。また、結納が行われなくなってきたこともあり、婚約指輪がプロポーズに贈られるリングになり、男性が一人で購入することもずいぶん多くなってきたことも見逃せません。その状況下で、ネットで婚約指輪の販売をする企業がここ1、2年で急増しています。

それも無理のないことだと思います。日本のブライダルリング専門店は、1ページの広告費が100万円もするゼクシィに大量に広告を出さなければ集客出来ないし、売上のほとんどは週末に集中するのに、平日でも家賃や労務費を負担している特殊なコスト構造なのです。その割高なコストをカット出来るネット販売が、安く婚約指輪を提供し、多くの支持を集めるのは当然のことです。

これらの会社のお手本は、アメリカのBlueNile(ブルーナイル)。ネット専業で婚約指輪を販売している上場企業で、その売上は300億円に達しています。自らはダイヤモンドの在庫を持たず(ジュエリーの会社は在庫負担が大変)AMAZONにも似たそのビジネスモデルは、ネットビジネスの優れた成功事例としてハーバードのケーススタディーに使われるほど著名なものです。国内の婚約指輪通販会社の多くは、このモデルを採用しているので自らダイヤモンドの在庫を持たずに、複数の卸業者の在庫リストを提示して商売しています(だから膨大な在庫量だし、同じスペックでも仕入れ値が異なるので販売価格に整合性がないところもあるのです)。

しかし私たちは、最初からこのモデルを採用する気はありませんでした。自らの目で検品していないダイヤモンドを販売するのは、鑑定書を販売するのに等しい、それでは美しい婚約指輪を提供出来ないと確信しているからです。

ダイヤモンドには一つずつ個性があります。例えば、“0.3カラット、Fカラー、VS2、エクセレントカット”と同一の表記がされているダイヤモンドでも、その個性、美しさには大きな幅があります。ダイヤモンドの良し悪しを、消費者が判断するのは困難です(スペックに過剰にこだわることは意味がありません)。だからこそ、販売する側が消費者の代わりに、たくさんのダイヤモンドから自分の美意識に合ったものを選りすぐる必要があるのです。それこそが、ダイヤモンドを販売する者の矜持だと思います。

実際、状態の幅の広いVS2クラスのダイヤモンドで、私がセレクト出来るのは、国内で流通する婚約指輪用ダイヤモンドの中で20−30個にひとつ程度。最近では国内だけで調達するのが難しくなったので、信頼できる古い知人を介してアントワープからの直輸入の開始を余儀なくされました。

婚約指輪の単価低下と共に、ダイヤモンドのサイズは0.2カラット台が主流となり、今までは使われなかったような品質レベルのダイヤモンドも販売されています。このような時代こそ、販売する側の見識が問われます。“大きなダイヤモンドが美しい”と0.3カラット以上のダイヤモンドしか取り扱わなかったり、“美しさの違いが認められない”とトリプルエクセレントやハート&キューピットも同価格で販売したり、私たちの考え方は少し風変りかもしれません。また、私たちの婚約指輪は字面では最安値でもないと思います。

それでも、”婚約指輪と結婚指輪の違い“も良く分からない男性に代わってダイヤモンドをセレクトし、最愛の彼女に喜んでもらえる美しい婚約指輪をリーズナブルに提供するのが私たちのミッションです。婚約指輪の美しさはダイヤモンドだけで決まるのではありません。ジュエリーとしても完成度の高いリングであることが必須ですが、私たちはそこでも20年以上の十分なキャリアを重ね、今も美しい婚約指輪を追求しているのです。だから、私たちは自らの販売価格が最安値でなかったとしても、そのコストパフォーマンスには十分自信を持っています。

顔の見えないネット通販に不安を覚える方もいらっしゃると思いますが、私たちはブライダルリングのスペシャリスト、皆さんの質問にメールで親切にお答えしています(もちろん電話でも結構です)。リアルな店舗のようにしつこく接客されたり、気恥ずかしい思いをすることもないので安心ですね。

今、この時代に、一生懸命婚約指輪をお探しのあなたを心から応援します。
そして、あなたのプロポーズが成功しますように。


  新サイトはこちらへ
  会社概要へ
  結婚指輪・婚約指輪、ゼクシィも教えてくれないひみつ(弊社代表ブログ)へ
  



婚約指輪 ベストチョイス婚約指輪で最善の選択を